亡き息子に捧げる

長男が自殺した父親が綴るあれこれです。息子を死に追いやってしまった自責の念は一生残ります。息子が僕に残した「お前の生き方は間違っている」というメッセージを心に刻み、日々もがいている自分の姿をそのまま書き綴りました。

息子の弁当

妻の思いやり

夫婦で日帰り旅に出かける前、

息子の仏壇を見ると、

弁当が置かれていました。

僕たちの弁当とともに、

息子のものも作ってくれた妻・・・。

その思いやりに、

ただ感謝しかありません・・・。